ただのまいにち

行き場を失った感情たちの集まる場所です

ただいまと過去

へろう

ひさしぶりのブログです

 

アメリカでの授業が終わってからというもの、心にぽっかりと穴が開いてしまったかのような、虚無感しかない日々で特に書きのこそうと思うことがないまま

先日午後3時頃に無事日本に帰ってきました。

 

留学、とっても良かったです。

9ヶ月ぶりの日本は狭く感じるし、日本の物は全て軽くて小さくて低く感じます。

アメリカのど田舎での生活、意外と好きだったな〜。もうすでに戻りたい。

 

なんだか未だに日本に帰ってきたって実感もないというか。

久しぶり日本だーとはなってるけどまたすぐにアメリカのあの大学に通える気がしてます。通えないんだけどね。

 

これからは第2のカルチャーショックを受けるのかな?よく聞くよね、留学後の母国でのカルチャーショック。

バイトとかしたくないなあ。

ちなみに変なとこだけ外国にかぶれたから、相槌とかついついahaって言っちゃうし

横浜という人混みの戦場で人にぶつかった時にSorryって言ってしまってとても恥ずかしかった。

 

でもね、今一番思うことは、

そんなに深く留学の振り返りはまだしてないんだけど

軽く振り返った結果過去の自分に伝えたいことは、留学中に悩んでたことなんてとてもちっぽけでどーでもいいってこと。

多分それらを乗り越えて強くなった今だから、くだらないって思えるんだと思う。だって当時はとってもつらかった。

でも今振り返るとほんとにくだらなすぎて笑える。あんなことに悩んで部屋に閉じこもったり泣いたりしてた時期がアホみたいだよ、本当に。

 

でもそれもそれで、全てがいい経験になったと思うし

それら全てのおかげで今の自分があると思います。

この留学生活は一生忘れない、忘れたくない、忘れちゃいけない。9ヶ月間の努力と苦労をバネにこれから頑張っていかなければ。

 

とりあえず思うことは、ブログもっと早く始めておくべきだった。留学期間の自分を全部書き残しておきたかったな。

だから、忘れないうちに振り返りをして、思うことや感じたこと、思い出したことは全てまたここに綴っていこうと思います。

 

 

そんでね、今はほとんど頭になかったんだけどこんなこともあったよっていう記念に最後の方の恋について書き残しておこうと思うよ

 

まあ、恋なのかはわからなかったんだけど、たぶん、恋してた、好きだったな〜なんて

 

あの人は何を考えてたのかわからないよ

もしかしたらただのセ◯レだったのかもしれないし

元々何を考えてるのかよくわからない人だったから余計に理解できなかった

だけど、2歳も年上のめちゃめちゃ頭いい人でした

 

最初は嫌だったんだ、嫌というか、困ってた。

自分は構ってくれる年上の先輩が大好きだからそれだけだったはずだったの。

でも可愛いとか好きとか綺麗とか、心配だよとか、

そんな言葉全部全部ウソじゃんって、

 

思ってたんだけど。

なんでだろう、その後普通に接しようと思って一回自分から話しかけたんだ、

そしたらやっぱりその人と話してるのが楽しくて、

その人が構ってくれるのが嬉しくて、

一緒にいたい、会いたい、って自然と思っちゃってた自分がいて

 

酔ってる勢いで失態を犯したというのに構ってほしくて、

もっと一緒にいたくて、他の子にべたべたするのをみて妬いて、

部屋行き来してしまって、

何が起こるかなんてわかりきってたのに

 

 

でもそれでも一緒にいれることが幸せで、触られて落ち着いて、

 

好きだったのかなあ。

好きだったんだなあ。

 

でも付き合うとかは想像できないんだよね(苦笑)

自分もだけど向こうもなかなか心が冷めてらっしゃるというか、付き合ってもどうしたらいいかわかんないしデートとかしてくれなそうとか考えた(笑)

しかも留学終わって日本帰った瞬間から遠距離だしね。

あと留学中には付き合わないって決めてたのもあるから付き合わなくて良かったとは思ってるけど、

日本帰ってきて遠距離になって、会えなくなって、でも冷めた相手だからラインも連絡なにも来ないし、

寂し。

 

このまま思い続けたならそれはきっと恋

しばらくして頭の片隅からいなくなったらきっとそれは弱味

 

そういうことなんだろうな

 

 

でも彼にTwitterをフォローされて。

たぶん彼はTwitterのアカウント2つ持っててなんかのミスかわからないけど先に裏垢っぽい方でフォロリクしてきたんだ。

そこに貼ってあったブログのURLを開いたら、本当に彼は勉強熱心ですごい人なんだってことに気づいた。

 

やっぱり大学もすごく頭いいところだし、その中でもずっとずっと勉強頑張ってきたんだろうなって。自分ももっと頑張って追いつかないと、彼には届かないなって。

そう思った。

 

彼は将来英語を使った経済系の仕事に就きたい、海外で働きたいって言ってた。

すごいな。

その時はその一言だったけど、すごいのは彼の夢だけじゃなくて彼自身だった。

本当に、遠い。

 

そうだ、なんだかいろんな意味で遠い存在だ。

 

自分も勉強がんばろう。

見習おう。尊敬しよう。

 

将来に迷うとか不安を抱えるとかじゃなくて、自分の努力で将来を明瞭にすればいいんだ。

 

 

明日のandropのライブとメトロック、友達との再会をしたあとのお休みで本屋さんに行って、教職の一般教養対策の本を買おう。あと、ハリーポッターの洋書でも買おうかな。英語力も落としたくない。洋画も見よう。

 

留学終わって日本に帰ってきたからって遊んでばっかじゃダメだ。

あいつを見習え、追いつけ、まずはそっからだ。

 

 

以上

髪の毛ショートにしてちょっとだけ後悔してる5/17の私でした。

 

 

5/17/2017 24:42

androp / Sayonara

広告を非表示にする