ただのまいにち

行き場を失った感情たちの集まる場所です

わからない

へろう

どうも、捻くれ者です。

 

じぶんでもじぶんが捻くれすぎてて

素直になれなすぎて

驚きというか悲しみというか

いやになっちゃうねえ

 

 

はい、てことでね、今日のお悩みはサークル事情です。 いえーい /

 

はい、なんもいえーいじゃないんですけどもね〜やっていきたいとおもいます(謎の漫才風のつもり)(ツッコミ進行イメージはおーどりー若林)

 

 

なんだかな、留学から帰ってきてからというもの、日本が狭すぎて嫌になっちゃう日々なんだけども

そんな中で私、今後サークルに行くか否かについてずーっと考えてまして。

ひとりのサークル仲間が私を誘ってくれているのですが、どーもなんか、素直に行きたいと思えないんだよね。

 

今の私には、サークルが狭い日本の中のすごくすごくすごーく小さい窮屈な世界に見えるからかな。

 

過去の私には、大学に行く理由がサークルしかなかった。

でも今の私は、違うんだ。

 

そんな小さくて窮屈な世界に戻りたいなんて全く思えないの。

もっともっと自由に、大きな世界に飛び込みたい。

知らないこと、わからないこと、大変なこと、苦しいこと、新しいこと、

全てに果敢に挑んで成し遂げていきたい。

 

まあ今授業がなくてノンストレスだからこんなことが言えるのかもしれないけど、なんだか今の私にはサークルがお呼びじゃない。

 

じゃあ何がお呼びなの?って聞かれたら

基本的に、6割英語。洋画、洋書、TOEICTOEFL、英検。

2割教採。

2割趣味。音楽、バンド、ライブ。そのためにバイトしなきゃっていう意識が土台。

 

どこにもサークルの入る余地がないし、何故だろう、あんなに大好きで生きがいだったサークルを求めていないんだ。

 

たしかにサークルの内容(歌うこと)は好きだった。

でもサークル費4000円払うならば、その4000円でヒトカラ2時間×4回の方が絶対充実できる自信が湧き上がる。

 

悪く言ってしまえば、あの狭いドロドロの人間関係に飛び込みたくないというか、飛び込む理由が見つからないんだよな。

 

でもここで辞めたら誤解が生まれそうとか余計なことも考えたりするけど、

今の私には、私自身を何よりも一番に考えることが大事なわけよ。

自分は譲れない、譲らない、譲りたくない。

自分の人生の貴重な時間をなんで面倒とかストレスとか感じるところに割かなきゃいけねえんだ。それなら勉強して資格取ったり成績残したり未来掴みてえよ。

 

 

とか強気で言ってるけど、相変わらずすぐ結局のところ孤独を感じてしまう弱い人間だから、ここでサークル行かないで完全に居場所を失った時、泣くんだろうな。

 

嗚呼、なんて脆い人間なんだ私は。

 

結局、結論は出ないまま、この記事は幕を閉じそうですね。

いや出したかったけど。結局自分じゃわからないってこと。

 

ほら、ここで素直になれればなぁとか思うのよ。

人に相談できればなぁ、とか。

 

できないんだな〜。

 

この虚しい夜を、さてどう過ごそうか。

はやく風邪治らないかなあ。

 

 

 5/28/2017 0:22

androp / Sayonara 

広告を非表示にする